社会保険労務士は、独学で最短合格可能?

社会保険労務士, 独学

社会保険労務士になりたい場合、勉強法のチョイスは本当に大事です。
社会保険労務士の試験は失敗例が尋常ではないくらい多数ありますから、勉強法がそれを左右してしまうと 思ったほうがいいでしょう。

社会保険労務士に受かりたい、それも最短で受かりたい場合、「独学」という方法ははたして有効でしょうか?

社会保険労務士の試験問題は、実物を手にとってみるだけでもすぐにわかるのですが本当に難解です。
その社会保険労務士に、わざわざ独学でチャレンジしようとする人たちは毎年減らないようです。

独学で社会保険労務士にチャレンジすることのメリットはどこにあるでしょうか?
独学ではプロの講師について勉強しませんから、報酬や謝礼が発生することはありません。
つまり、主に費用のことが独学のメリットです。現在は何かとお金がかかりがちな時代ですし、 社会保険労務士の講師に習う方法も(種類が多いですが……)、いずれもお金はそれなりにかかります。
そこで独学で社会保険労務士になろうとするわけでしょう。

しかし、最短で社会保険労務士になりたいとき、この独学という方法はどこまで成果が上がるでしょうか?
答えは十中八九の割合でノーです。独学では講師に習うときよりも途方もない時間がかかります。
全部自分で調べながら覚えていかなければなりません
から、最短で社会保険労務士試験に受かるどころの話 ではありません。社会保険労務士に独学でチャレンジすることは、他の勉強法の数倍もの時間がかかるもの と覚悟してからはじめるべきでしょう(その分、お金は数倍比かからなくてよいかもしれませんが……
しかし落ちてしまってまた1年かそれ以上の時間がかかるのなら、費用対効果で考えたら最初に お金を払って一流の講師に習って最短合格を成功させたほうが、ずっといいですし、長い目で見たら お金の節約にもつながるのではないでしょうか?)。

「社会保険労務士に独学で受かった」という人の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 「たった数ヶ月の独学で社会保険労務士に受かった」という話もあるようですが、 かなり特殊な例が、誇張されて伝えられている一面も否定できません。
堅実に最短合格を果たしたいなら、独学はかなり無謀でしょう。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。