開始時期の違いを知ろう

社会保険労務士, 最短

社会保険労務士最短最速合格法なんてサイトもあるそうですが、 「どうやったら社会保険労務士に最速で最短合格できる方法になるか」といったら、試験日までにできるだけ日数を かけずに手っ取り早く受かることでしょう。そんな方法があるのだったら、誰だって知りたいはずです。

社会保険労務士の試験はあいにくと年に1回しかありませんし、いつ頃行われるのかも決められています。
社会保険労務士の試験日から逆算して、何日くらい前から勉強すれば受かるか、 それがわかったら社会保険労務士の最短合格法だと呼べるかもしれませんが、 社会保険労務士の最短合格を果たすために、「最低何ヶ月前から……」といったことをただ調べるだけでは 役不足ではないでしょうか。
1度の受験で社会保険労務士に受かる人は本当に毎年いますが、1度で受かるならやはり半年は勉強時間を とっておきたいものです。試験日から逆算すると、だいたい2月頃ということになるでしょうか (社会保険労務士になりたくなったときが、残念なことに春先を過ぎて申込みぎりぎりの時期だったら、ある意味で 最短合格を目指すしかないといえます。この場合は3ヶ月の社会保険労務士最短合格計画を狙うことになりますね)。
つまり社会保険労務士に最短合格を果たすとしたら、やはり3ヶ月……ですが、それは本当に余裕がありませんから、 やはり1ヶ月でも多く、できれば5ヶ月くらいはほしいでしょうか。ただし、秋や冬の時期に社会保険労務士に なりたいと思ったのだったら、すぐにでも勉強をはじめたほうがいいでしょう。

具体的な勉強法のヒントについてはのちのページでお教えしていきますが、社会保険労務士になろうと決めたのが 遅かったのであれば時間がないのも不可抗力でしょうが、「勉強時間をあまりかけたくないから、ただ最低いつから 勉強したら社会保険労務士に最短合格が望めるのかを知りたい」という場合は 正直あまりおすすめはできません……半年以上、試験日まで時間がある場合だったら その時点からすぐ勉強をはじめてコツコツ積み上げていきたいものです。
半年以上あるのだったら、最初のうちはそれほど1日あたりの時間をかけられなくてもかまわないでしょう。
試験日まで4ヶ月以内に入ったら毎日できるだけ時間を費やさないといけませんが。
最初のうちは、たとえばあいている時間に耳からCDで講師の説明を聞きとるくらいの方法で 頭を順応させていくくらいでもかまわないはずです(こういった勉強法は通信講座ではお手のものです)。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。