社会保険労務士の試験問題の特質は?

社会保険労務士, 問題

社会保険労務士の試験問題は、とにかく難しいことで有名です。専門性が高いことも大きいですが、 一般の私たちにとって、普段まったく目にするチャンスがない内容が山積みになっているからです (社会保険労務士の仕事は、社会保険や労働法のような、私たちの生活に欠かせないことが多いはずなのですが)。

社会保険労務士の問題がどうなっているのかここで概要を表にしてみます (ただし、科目や問題数等は少しずつ変更されていますから、今後はまたあちこちが変えられる可能性が高いことを 理解してご覧ください!)

試験問題(科目)

択一式問題

選択式問題

労働基準法および労働安全衛生法

10点

4~6点

労働者災害補償保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)

10点

5点

雇用保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)

10点

5点

健康保険法

10点

5点

国民年金法

10点

5点

厚生年金保険法

10点

5点

労務管理その他の労働に関する一般常識
および社会保険に関する一般常識

10点

5点

ほとんどの社会保険労務士希望者は、働いた経験はあるでしょうし、年金や雇用保険を払った経験もあるでしょう。
そして健康保険に入っている人が圧倒的に多いと思われますが、それでもどんな法律なのか調べた経験は まずないと思われます。ある意味で、こういった法律や制度について少しでも興味を持てるように することが、社会保険労務士の問題を手際よく解けるようになって、手際よく最短合格を果たすために 必要な心構えかもしれません。

手際よく……といったら、試験時間との戦いがあることも忘れないようにしないといけませんね。
「択一式問題」は、社会保険労務士試験の各範囲について、5つの文章が並んでいます。その中から 「正しい種類」や「誤りを含んでいる種類」等を正確に見抜いて解答用紙を埋めていきます。
「選択式問題」は、社会保険労務士試験の各範囲について、説明文が並んでいます。しかし、空欄になっている 箇所がいくつもあって、下に用意された選択肢の中から当てはまりそうな語句を選んで解答用紙を埋めていきます。

いずれの問題にしても、当然のことですがよく読まないと間違えてしまうように巧妙につくられていますが、 本番の社会保険労務士試験では、各問題を何度も繰り返し読んでいるような時間はありません。
ほんの数分で正確に正答を出していけるように、自分を訓練することが不可欠となります。
社会保険労務士の試験問題の特徴を踏まえた上で、今後のページを読んでほしいと思います。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。