社会保険労務士はダブルライセンスでさらに飛躍可能

行政書士, ダブルライセンス

社会保険労務士になるだけでも、けっこうたいへんですが(最短のコースをうまくたどれたとしても) その上でまだ社会保険労務士とは違う他の資格を目指す、ダブルライセンスの道を歩こうとする人たちがいます。
社会保険労務士のテキストでも読んだばかりで、問題の難しさにショックを受けている時期の人たちには、 社会保険労務士と他の資格のダブルライセンスなんて想像もできないかもしれませんが、 これを目指すことはまったく無謀なことではありませんし、しかもメリットもそれこそ無限に感じられます。

社会保険労務士の資格だけでも、じゅうぶんに生活していけますし、年収を1000万円以上稼いでいる 一流社会保険労務士の中にも、ダブルライセンスをせずにこの資格だけしか持っていない人たちはおおぜいいます。
しかし、ダブルライセンスを果たすと、仕事に幅が生まれますし、もっとダイナミックなキャリアを築くことも 考えられます

社会保険労務士のダブルライセンスは、具体的にどんな資格だとうまくいくのでしょうか?
これに定まった回答はありませんが、考えられるのは、「行政書士・宅建・FP・司法書士……」といった資格です。
これらの資格を持っている人たちが、最近力を合わせて合同事務所を設けている例も目立つようになっていますし、 社会保険労務士と他の資格をダブルライセンスで持っていれば、それらの事務所に入ったりつくったりすることも 容易になるでしょう。ひとつの会社から、複数の依頼を受けることも容易になると考えられます。

また、社会保険労務士には受験資格がありますが、行政書士には受験資格がありませんから、ダブルライセンスを するのならば、先に行政書士に合格して、次に社会保険労務士を目指す……といった手もありえます。

社会保険労務士とダブルライセンスをするのに向いている、相性のいい資格の大部分は 通信講座や学校等で合わせて開講していることが多いですから、いいところで勉強するなら 完成された勉強法で続けて勉強していくこともできますし、続けて最短のコースで合格することもできるでしょう。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。