社会保険労務士はなぜ年収を増やせそうなのか

社会保険労務士, 年収

社会保険労務士になると素晴らしい未来が待っている……などと最近よく耳にしますが、 社会保険労務士になることができたら、年収はいったいどれくらい変わるのでしょうか?

社会保険労務士の年収のデータも、他の職業の平均年収のアンケート等に交じってときどき データがインターネット上、または他の媒体に発表されることがありますね。
社会保険労務士の年収は全部のデータをもとにして集計すれば、600万円~900万円の間に収まることが 大半でしょう。地域や年齢、経験や登録の種類等に左右されますから、社会保険労務士の平均年収は 100万円以上のばらつきが出てくることは否めません。

とはいえ、どんなアンケートだった場合でもはっきりしている傾向があります。
それは、同時に行われている他の職業の年収と比べても、社会保険労務士の数字は悪いものではないことです。
同じ「士業」に限定しても、他の資格よりも見劣りする金額にならないことが普通です。
社会保険労務士になってからそれほど年数がたっていないのにすぐに前職より100万円以上超えた、 またはまだ20代半ばくらいで早くも600万円を超えた、といった声もよく聞かれます。
勤務型の社会保険労務士の場合はそれほど年収の伸びは(安定する代わりに)期待できないのですが 開業型の社会保険労務士の場合は、年収1000万円を30代のうちから超えている例も目につきます


社会保険労務士の年収は、今社会保険労務士に対しての社会の需要の多さに支えられているといってもいいでしょう。
年金や雇用保険といった社会保険制度は現在激変していますし、労働者の権利を守る労働法も近い状況にあります。
社会保険労務士の手を借りないとできない手続きは企業レベルでも行政レベルでも非常に増えているのです
今だけでなく、当分の間この状況は変わりませんし、社会保険労務士の仕事の口が減ることも当分の間ありえません。
社会保険労務士が年収を増やす余地も信じられないほどあるのです。
最短で社会保険労務士になることができたら、早い者勝ちといってもいいくらいチャンスをたっぷりと独占できる こともできるでしょう。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。