社会保険労務士の求人をうまく見つけたい

社会保険労務士, 求人

社会保険労務士になったら、どんな働き方を目指すのか決めないといけませんが、勤務型を選ぶ人たちも 少なくないことでしょう。勤務型の社会保険労務士だったら、企業の中に入り込んで、当然のことながら その企業の社員のひとりとして働くわけですから、安定性はこの上なく期待できます。
現在のように、年齢等の条件に関係なくリストラや失業が発生しうる時代にあっては、 勤務型の社会保険労務士が享受できる安定性は抗いがたい魅力でしょう。

勤務型の社会保険労務士で登録したら、次にすることは求人を探して応募することでしょう。
社会保険労務士の求人は、どのようにして探していったらいいでしょうか?

これは基本的に、他の職業の求人のときと大きな違いはないはずです。
ただし、一般的な求人媒体を開いたときに「社会保険労務士」という名称を見かけた経験がある人は かなり少ないでしょう。つまりただ「社会保険労務士」というワードだけを軸にして求人をあさっても 時間がきわめてかかる恐れがあります

求人を調べるときは、社会保険労務士が入るべき勤務先がどんなものなのか考えてあたるべきでしょう。
企業の場合は、労務や社会保険のことをやっている部署ですから、総務部等の名称で探していき、 求人の希望資格等の欄に社会保険労務士と書いていなくても、連絡をとるときに資格を持っていることを しっかり伝えるべきです。すぐに社会保険労務士の能力を活かせない可能性がある職場の場合もあるでしょうが 相談の上でいずれその仕事をやれるようにうまく持っていきたいところです。

その他、社会保険労務士の事務所や他の士業との合同事務所等も求人を探すときはポイントです。
ただし、あまり人手が足りていないことはないため、求人を出す頻度も低いですから、事務所に直接 連絡を取って売り込むほうが早いという傾向があることに注意しましょう。

社会保険労務士の求人を探すときにもうひとつ注意すべきことは、勤務型の社会保険労務士を雇う企業の 規模についてです。中小企業の場合、社外の(独立している)社会保険労務士で間に合わせようとする傾向が 当然強くなります。ある程度の規模の企業のほうが勤務型の社会保険労務士を入れようとする傾向があります。
もちろん、大きな企業になるとすでに社会保険労務士を雇っていることも多くなりますが。
自分の地域でどんな企業が多そうか、社会保険労務士の求人が出てきそうな企業がどれくらいありそうか、 受験勉強中から少しずつ調べておくべきですし、通信講座や学校等で勉強するなどして情報網をつくっておく ことも大切でしょう。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。