特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士

特定社会保険労務士という資格も社会保険労務士の世界にはあります。
社会保険労務士になりたい、最短で合格したいというと、試験のことばかりに注意が向きがちですが、 社会保険労務士に最短でなってから、どんな活動の仕方をしていくのか、立ち往生しなくて よいようにする意味でも、社会保険労務士の種類について、そして特定社会保険労務士という資格が どんな資格なのかについて説明しておこうと思います。

特定社会保険労務士は、勤務型の社会保険労務士でも開業型の社会保険労務士でも どちらでも目指すことはできます。登録をする時にあせって決める必要はありませんが、 この特定社会保険労務士になると、他の社会保険労務士にはできない、「紛争解決手続代理業務」を することが認められます。労働者と企業の間では、ときとして話し合いが収まらずに紛争に発展することも 考えられます。そして、裁判にもつれ込むこともあるわけですが、どちらかの代理をする仕事が 社会保険労務士にはあります(ただの社会保険労務士ではなく、特定社会保険労務士の出番なのですが)。
労働員会や労働局のようなところで、書類を作成したり、和解の交渉をしたりすることが 主とした業務になります。

この特定社会保険労務士になるためには、社会保険労務士連合会の特別研修を受けてから、 「紛争解決手続代理業務試験」を受けて合格する必要があります
試験の難易度はそれほど難しいとは思われていません(試験に落ちる人のほうが少ないからです)。
ただし、試験の前の特別研修を乗り越えることのほうがたいへんかもしれません。
特別研修は何日も、何時間もかかるのが当たり前で、しかも1回でも休むわけにはいかないからです。
忙しくなってきたら、その社会保険労務士には特別研修を全部受けることは難しくなっていく可能性があります。
特に勤務型の社会保険労務士になってしまったら、基本的に会社員という立場ですからかなり難しいでしょう。
ある意味で、社会保険労務士にまだなりたてで、仕事等に追われていない時期のほうが受けやすいともいえます。
特定社会保険労務士になるかどうかも、受験勉強の段階で検討しておいたほうがいいかもしれません。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。