資格の違い

社会保険労務士, 資格

社会保険労務士の試験に合格をすることができたら、それまでの多大な勉強と苦労が報われる瞬間が めぐってきたことになりますね。喜びの度合いもたいへんなことになるでしょうが、 ただ喜んでばかりいるわけにもいきません。社会保険労務士の試験に受かっただけでは 社会保険労務士の資格があると名乗れるわけではないからです。

社会保険労務士の試験に合格したら、社会保険労務士として登録をすることになります……それで初めて 社会保険労務士の資格が与えられたことになります。
その社会保険労務士の資格ですが、実は単一しかないわけではなくて種類があります。

法律の仕事をする資格、事務所を開く資格……というイメージの強い社会保険労務士ですが、 事務所を開く「開業型」しかいないわけではありません。社会保険労務士の仕事は、労働や社会保険という、 企業の中に潜り込んで行う内容が多いこともあって、「勤務型」という方法も公式に認められています (これは、いわゆる「士業」の世界では非常に例外的なことですね)。

社会保険労務士試験に受かったら、登録して資格を得る前に、勤務型として登録するか開業型として登録するか 決めないといけません。しかしこれは、その後の活動の仕方を大きく分けてしまいますから、 将来の人生を大きく揺さぶることになります。慎重に決めないといけません。
社会保険労務士の受験勉強中からそのことは検討しておくべきですし、 通信講座や学校で学んでいれば、現役の社会保険労務士に相談に乗ってもらうチャンスもあるでしょう。

ちなみに、どちらでもない(「その他」の)登録をすることもできます。
地域の社労士会の研修等に参加することができます(もっとも、大部分の人たちは すぐにでも社会保険労務士として働きたいわけですから、この道を選ぶ人はかなり少ないと思われますが)。

また、現在では社会保険労務士に法人化が認められていますが、最初から法人をつくってそのメンバーとして 登録することもできます。これは開業型社会保険労務士とほとんど変わらない資格ですが、 個人ではなくて2人以上いないといけません。法人化すると事務所には税金等の面で優遇措置を受けられますが、 最初の手続きのときにかなりの手続きや費用がかかります。

……費用のことが出ましたが、社会保険労務士の登録をして資格を入手するだけでも、 つまりただの開業型や勤務型としての社会保険労務士の資格を取得するだけでも そこそこの費用はかかります。どこで登録しても、30万円前後の費用はかかると思ったほうがいいでしょう。

>>知識と時間がなくてもこの勉強法なら最速で社労士に合格できます。